2018年5月27日 (日)

おひさしぶり

先日、パルままさんにご招待いただき、パル君、アスラン君とアスラン母さんにお会いしてきました。
皆さんとお会いするのはずいぶん久しぶりのことです。
待ち合わせの河川敷へ、リーフと家内とでわくわくしながら出かけました。
少し遅れて合流。お待たせしてすみませんでした。
まずは、クンクンしてご挨拶。ん?何か懐かしい匂いかな。
早速散歩の開始です。

001
見よ、このどうどうとした行進。木陰で一休みしながら撮影会。
002
右からアスラン君、パル君そしてリーフ。天気が良く汗ばむような陽気でした。
アスラン母さんの用意がよく、給水です。
003
ちょっとしたハプニング! アスラン君が抱っこされると、パル君がだまっていない。
え?なになに?
004
005
広場に出て気持ちいいね。
006
アスラン君とツーショット。
007
伏せまてです。
008
その後、パル君のお家へ移動です。凝った作りの素敵なお家でした。裏の森の借景が街の中にいることを忘れさせます。そして、おやつタイム。
009
誰が誰だかわからなくなります。椅子の上でリラックスしているのは誰?
010
なになに?
011
よく遊びました。
012

というわけであっという間に時間は過ぎて、ずいぶんと長居をしてしまいました。
3匹は、近づきすぎず、離れすぎずの良い距離感を持って、最初からごく自然にふるまっていました。無理がないという感じです。やはり同胎犬、何か匂いを感じるのでしょうか。
013
パル君、お招きありがとうございました。
また、皆でお会いできること楽しみにしています。



















2017年12月24日 (日)

年の瀬

早いもので、もうすぐ一年が終わろうとしています。
このブログはすっかりさぼってしまいましたが、その間、いろいろなことがありました。
リーフとわが家族はいたって健康な毎日を送りましたが、身内に不幸があり来年の年賀状はお休みです。
代わりというのもなんですが、リーフのカレンダーを作ることにしました。
カレンダーを作るのは2014年以来3回目です。
A3のポスターサイズの立派なカレンダー(月めくり)で、カメラのきたむらのフォトブック直行便というのを利用しています。
楽しみはどの写真を使うかですが、2014年以降はあまり写真を撮っておらず、前回の時ほど豊富な選択肢はありませんでした。
そんななかセレクトした写真を披露したいと思います。
ブログ記事の容量の関係で、かなリサイズダウンしています。

まずは表紙。赤ちゃんの時の写真です(当然2014年より前の写真です)。

00s
表紙は次の画像と迷いましたが、実はこの写真も2014年以前のものなのでやめました。
Cl10s
次は1月。
01s
2月。
02s_2
3月。桜の季節で次の写真と被るのですが、この何げない写真が一番のお気に入り。
03s
4月。
04s
5月。これは唯一2014年前の写真です。どうしてもカレンダーには外せない。
05s
6月。リーフは音響シャイなので競技会には結局出ませんでした。もうやめましたが、練習では1度の練習生に交じって2度のコースを唯一匹クリアしたこともあります。
06s
7月。
07s
8月。なお、月は実際に写真を撮った季節とは関係ありません。
08s
9月。
09s
10月。せっかくのナイスショットですが、後ろのトイレが邪魔。色を変えてみましたが・・・。
10s
11月。
11s
12月。さて来年の今頃はなにをしているでしょう。
12s
次点の写真たちです。せっかくなので見てもらいましょう。
Cl04s
Cl05s_2
Cl14s
Cl15s
Cl16s
Cl24s
よいお年を。





































2016年4月23日 (土)

山菜

今年の山菜採集は4/15と17に出かけました。タラの芽は少し遅く、こしあぶらはちょっと早いというタイミングでした。それでも自然の法則はよくできており、少しずつ遅れながら芽が出ているので、だからだいたい3割ぐらいの木から採集できました。

Sel02
遅すぎたタラの芽


Sel03
まだ早いこしあぶら

Sel04
左側がこしあぶら、右側がタラの芽、上がはりぎり。




もう一年以上、スクールはご無沙汰していますが、このようにしてときどき庭で遊んでいます。
今はバネバネにはまっており、それを餌にするといくらかやる気がでます。

桜の季節はとっくに終わりましたが、今年の写真を一枚。

Sel01

2016年1月14日 (木)

記すのが遅くなってしまいましたが、1/11(わんわんわん)はリーフの誕生日でした。
「いっちょう、肉祭りにでもするか」と提案しましたが、本犬も飼い主も超メタボなので即座に却下されました。残念。
7歳になって少しは落ち着くかと思いきや、ボールポン、フリスビーに追いかけっこと、いつになっても変わりません。
帰宅するのを待ち構えていて、私がもう止めようというまで遊び続けます。

家族が一人、また一人と帰宅するたびに、お尻ブリブリ、尻尾を水平に振って歓迎してくれます。
そのひたむきさに疲れが癒されるようです。
犬を飼うと散歩が大変と言われ、実際、めんどくせえなと思う時もありますが、いざ、歩き始めるとそんな思いは吹き飛びます。
リーフと一緒に散歩ができる喜びをかみ締める毎日です。

一緒に生まれたみんなは元気かな。誕生日おめでとう。

2015年11月15日 (日)

ふわふわ、もこもこ

最近(ずいぶん前から)ちょっとリーフのことで、「変でない?」と家族の中で囁きあっています。
それはリーフの体毛のことです。幼児期はフアーのようにふわふわで、それが大きくなるにつれて、特に背中など、やや直毛の剛毛に変わっていったのですが、それが何故かまたもこもこの毛に逆戻りしてしまったのです。
いつまでたっても甘えん坊で、ボール遊びが止められません。歳をとると大人しくなり、遊んでくれなくなるよと言われたような気もするのですが。

Blog06


Blog07


Blog08


Blog09


Blog10

今年のきのこ

9月前半はツガタケがよく採れました。中旬以降は例年に比べてクロカワが多かったような。
マツタケは去年採ったポイントでは見つかりませんでした。代わりに新しいポイントを見つけました。採取日は9/12です。

Blog03


Blog04


Blog05

知人が舞茸を採りたいというので、去年たくさん見つけたところ(奥多摩)に案内しました。10/4のことです。日曜日であったため先行者がいたようでしたが、幸運にも知人が大きな株を見つけました。食べごろの茶舞茸で、時期的にはジャストでした。二人でリュックに担いでも入りきれないほどです。私の家人は天然キノコを食べない(虫がいるとかで。実際はほとんどいませんが)ので、一人分だけ分けてもらい、天ぷらや素焼きで楽しみました。とてもおいしかったです。

その翌週、10/9にはホームグラウンドでシモフリシメジをたくさん採りました。今年は豊作です。家内にお願いしてキノコご飯にしてもらいました。見た目も麗しいキノコですが、料理にしても上品な香りとうまみでほっぺが落ちそうなほどおいしかったです。さすがにこれには耐えきれず、家内も一緒に食しました。来年も無事採れることを祈るばかりです。

そのあと今シーズンは茨城県内の城里町周辺で、良さそうな森を探しました。さすがに歳をとってきて、富士山方面への遠征は体力的にきつくなったので、来年からは近場でキノコを探そうと思っています。

今日(11/15)、リーフの散歩をしていたら、近くの公園の木の中でムラサキシメジが数本かたまっているのを見つけました。傘やひだがうっすらと紫色のきれいなきのこです。この時期にこんなところでと、ちょっと意外でした。そして、まだ明るいうちに自宅に戻って庭で遊んでいると、今度は庭でハタケシメジを見つけました。小さいけれど数か所にわたり発生しています。しかし、リーフに踏みつぶされ無残なこととなっていました。いつもは、暗い中で遊んでいるので気がつきませんでした。ハタケシメジは味、香りとも最高なんですが・・・。
このハタケシメジ、何年か前につくば市内の森林でみつけ、2、3株採ってきて庭に植えた覚えがあります。その末裔なのでしょうか。

久しぶりに

ブログの書き込みずいぶんサボっていましたが、そろそろ年の瀬という言葉が聞かれる季節です。
前回の記事は初夏の兆しだったので、時間の経つのが早いこと早いこと。

少し精神的な余裕ができたので、備忘録をまとめましょう。
だいぶ前のことですが、今年の夏季休暇は、お盆の前の一週間でした。
今から思えば、この一週間が暑さのピークでしたね。
だらだら汗をかきながら、うなぎ釣りに行きました。そう、去年のリベンジです。
そして3回目にして、ようやく蒲焼サイズを釣りあげました。約60cmです。
このサイズを合計3匹釣り上げました。こつは、とにかくでかいドバミミズを使うこと。
中途半端だとチビが釣れてしまうのです。
しかしこのポイントは10月の河川大氾濫で消失したかもしれません。
うなぎ好きの娘は、この夏たらふくうな丼にありつきました。
天然うなぎの焼き方はコツがいるのですが長くなるので省きます。
おかげさまで、とてもおいしく頂くことができました。

Blog01

Blog02


2015年4月19日 (日)

初夏の兆し

今週は実家の両親が息子のお祝いに来てくれることになり、蕎麦をふるまおうと思い山菜を採りに行きました。
昨年、城里町のとっておきの場所では、時期遅れで悔しい思いをしましたが、今年は一週間早いので、まず大丈夫だろうと思っていたのですが。
Lief03今年も一週間遅かったですう。というか、コシアブラはまだ小さい芽なのに、タラノメだけ異常に伸びているのです。
山菜はタイミングが難しい。それでも、なんとか具合のよいものをいくつか採ることができて、おいしい天ぷらをいただくことができました。
家の散歩コースの花もそろそろ終盤です。
Lief01


Lief02


Lief04





2015年4月11日 (土)

ゆっくりと休日を過ごすのはずいぶん久しぶりのような気がします。
次回はいつでしょうか。
上の子は大学生となり家を出ました。
リーフと別れるのが何よりつらいそうです。

Lief01


Lief02


Lief03


Lief04

«ロールケーキでお祝い

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ