« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月11日 (月)

一歳になりました

イメージ 1

不思議なことかもしれないが幼いころの記憶はほとんどない。
ところが、その犬の記憶だけは断片的ではあるがしっかりとしたものがある。
幼稚園か小学校の低学年の頃のことであろう。
親はコリーだといっていたが、今思えばそんなに大きくはなかった。
血統書付だといっていたから、シェルティーか何かだったのではなかろうか。
子犬のときから飼っていた。
自分の体格とほとんど変わらないその犬と、何のこだわりもなく遊んでいた。鬼ごっことか、駆けっことか。
とても楽しく遊べたのだから、おそらく犬のほうで調子を合わせてくれていたに違いない。
あるとき私が大事にしていたお菓子袋をロンが盗み食いをしてしまった。
盗み食いとは人の側の言い分であるが、そんなことは子供には関係ない。
私はロンに向かってものすごい剣幕で怒った。
そのときロンは悲しい目で私を見つめたのである。
その悲しいまなざしを見て”はっとした”。
今でもはっきりと覚えている。
ロンにも言い分があるだろう、一方的に怒って悪いことをした、と。
もちろん、そんな大人びたことを考えたわけではない。しかし、子供心に確かにそう感じた。
わたしにとってロンは友達であったと思う。
そんなロンは突然いなくなった。
家の前を通ったバイクを追いかけて出て行ってしまったのだそうだ。
それからは、いつ戻るかと祈るような毎日であった。
玄関でことりと音がすると、飛び出していったものである。
(最近になって知ったが、ロンは交通事故でなくなっていた。隠し続けた親も辛かったろうと思う。)
時間がたつにつれてごく自然にロンのことは忘れた。
しかし、心の奥底でずっと待ち続けていたのかもしれない。

リーフは、必ず、毎朝皆におはようの挨拶をしてくれます。
それは無条件に楽しいひとときです。
もし辛いことがあっても瞬く間に私たちの心を和ましてくれます。
そんなリーフは確実に子供たちの心のやきつくでしょう。

リーフが来てから、まだ一年にもならない。
これからいろいろなことがあるだろう。
このブログは”ええかっこしい”なので長続きはしない。
でも、リーフと私たちはこれからもずっと、どんどんと、いっしょに成長していきたいと思う。

我が家に来てくれてありがとう。
そして一歳の誕生日おめでとう。

はな

イメージ 1

実は誕生日が2日続きます。
日付が変わってしまいましたが、昨日1月10日は「はな」の誕生日でした。
燕麦の鉢植えとレモングラスの干草が私たちからのささやかなプレゼントです。
先ほど見たら燕麦はほとんどなくなっていました。

娘がうさぎを飼いたいと言い出し、それならばとペットショップへ見に行き、「はな」に一目ぼれしたのは家内です。
予約だけして一週間ほど迎える準備をしました。
名前は息子が付けました。
それから6年間、毎朝のトイレ掃除と餌交換は、やっぱり、私がしています。

普段はゲージの中ですが、休みの日には庭へ出して思い切り動いてもらいます。
ところがリーフが来てから、このお楽しみの機会は減りました。
また私が居間で抱っこすることもなくなりました。
飼い主の勝手で本当に申し訳ないと思っています。

はなは所謂ミニうさぎですが、一般的なものより耳が小さく、目も黒いです。
その容姿は信じられないほど可愛くて、ぬいぐるみよりも実物のほうがはるかに可愛いという稀な動物です。
きれい好きなので身だしなみもばっちりです。
トイレは決まったところでしかしないし、糞は全く匂いません。
体も無臭なのです。これは外敵から身を守るための工夫なのでしょうか。
そのうえ一切鳴きません。
何か嫌なことがあると、足でバンと床をたたきます。

はなの居所は玄関です。
私たちが帰宅すると、まずはじめに出迎えてくれるのがはなです。

2010年1月 7日 (木)

ボール遊び


ボール遊び
リーフがボールの追いかけっこをしている動画です。
重たいですが、おちはありません。
今のところ、この遊びが大好きです。

2010年1月 2日 (土)

謹賀新年

イメージ 1

今年もよい年になりますように。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ