« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

無念?

朝早いからリーフをどうしようかとか、帰りには大洗で例のカニ汁を食おうとかいろいろと考えていました。
カメラ2台に、レンズ数種類、三脚にレリーズに赤道儀、そうそう極軸の合わせ方忘れてしまったので、一回練習しとこうかとか。
星空観測は、私と、その他家族の趣味が珍しく一致していたので久しぶりに皆で出かける予定でした。

それなのに蒸発したとの無念の発表です(30日現在で、核が少し残っているかもしれないとのことですが)。

個人的には2007年のマックノート彗星に負けないくらいのものになるのではないかと思っていました。
あのときは南半球がメインだったので送られてくる画像を指をくわえて見ているだけだった。
今度こそは北半球が主役だぜと思っていたのですが・・・。

800pxcomet_mcnaught_at_paranal写真は日没後のマックノート彗星(http://www.eso.org/public/images/mc_naught34/

NASAの画像を見ると太陽に突っ込んでいくアイソン君は、誰かが言っていましたが、ギリシャ神話のイカロスを連想させるかもしれません。
私には、地球の大気圏で燃え尽きたハヤブサ君とその姿が重なりました。
どちらも悲しいけれど、何か崇高な任務を終えたような厳かなところがあります。

20131128_1430_c3_512太陽に近づくアイソン彗星(http://sohodata.nascom.nasa.gov/cgi-bin/data_query_search_movie

それは、星空を見上げながら、なんとなく懐かしいような気がするのは何故なのだろうかと考えていたときです。
私はあることに気付きました。
もともと、この宇宙には水素とヘリウムしかなかったはず。
ならば私たちの体を作っている窒素や鉄などの元素はどこから来たのだろう。
それらは恒星のなかで作られ、超新星爆発によって宇宙に放出されている。
すると私の体の元素も、ずうっと大昔にどこかの星で作られていたのかもしれない。
だから星空は故郷なのだな、と。

それは検索すればすぐに出てくるようなことですが、その時は何か新発見をしたかのように心躍らせました。

2013年11月 5日 (火)

水源林

11月4日の朝4時、寝ぼけまなこのリーフを連れ出し、いまだ眠りについている街の中を走る高速道路のドライブに出発しました。
先日購入したミライースは燃費が抜群であるばかりでなく、後部座席にリーフの大型バリがぴったりとはまります。その中で再びぐうぐうと眠っています。
3連休の中日なので、渋滞を避けるためこのような早出となりました。
今日は、紅葉見物を兼ねたハイキングです。
目的地は、奥多摩湖のさらに奥にある石保戸山に連なる防火帯です。東京都の水源林です。

下の図の赤い枠の中の点線を歩いてきました。
稜線沿いに木が伐採され開かれた空間がずっと続いています。
傾斜がちょっときついのですが、距離は大したことなくどなたでも気軽に歩くことができるコースです。
残念なことに肝心の紅葉はすでに盛りを過ぎていました。1週間前がピークであったと思われます。
Map2
Map1_2
登り口の様子です。右はじに車が通れる道路があり、中央の小道を上がっていきます。
いきなり怪しげな看板があります。熊と間違われないように注意しましょう。
Blg_2039
こんな感じの森に囲まれた広々とした空間が続きます。距離は短いですがけっこうな登りです。
Blg_2042
振り返ると向かいの山の紅葉がきれいです。
Bl_2405
登ってしまえば、平坦な林間の散策となります。
Blg_2048
Blg_2059
Blg_2088
Blg_2116
カラマツの紅葉がきれいでした。
Blg_2122
今日はここまでです。遠くの山の眺めがよい場所でゆっくりしました。

Blg_2187
ずうっと曇り模様でしたが、つかの間、青空が現れました。
Blg_2188
さっそく、遊び始めます。
Blg_2255_2
Blg_2241
Blg_2245
Blg_2246
Blg_2298
Blg_2269
しばらく遊んで、お弁当を食べて、同じ道を通って帰路につきました。
Blg_2326
Blg_2364
Blg_2374
Blg_2377
Blg_2388
Blg_2401
Blg_2409
無事に戻ってきました。2時間半の行程でしたが、1時間ぐらい遊んでいたので歩いたのは正味1時間半ぐらいでしょうか。
楽しいハイキングでした。
リーフはけっこう疲れたようで、帰りの車の中もぐっすりでした。

休憩しているとき、木の根っこをやっつけているリーフの動画です。威勢よく吠えていますが、初めは怖くてなかなか触れません。





« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ